1932年竣工「銀座奥野ビル」手動式エレベーター【東京昭和レトロビル】

ビル 奥野

建物の紹介ではなく、使用されているエレベータの扉がいまだに手動で、しかもフロアによっては止まらない?といった内容だった。 猫が浴びていた初秋の陽光は文学において様々な表し方をされてきました。

11

銀座ギャラリー&レンタルスペース【Salon de Lã(サロン・ドゥ・ラー)】

ビル 奥野

この歴史を刻んだ建物から、アートやデザインを発信。 メインストリート銀座中央通りからほど近い場所のレトロな奥野ビル。 「奥野ビル」は、向かって左側の棟が1932 年(昭和7年)に、右側の棟が1934年(昭和9年)に建てられたもので、特に、銀座で手動エレベーターが残っているのは、このビルともう1件だけとのこと。

銀座ギャラリー&レンタルスペース【Salon de Lã(サロン・ドゥ・ラー)】

ビル 奥野

「昭和からずっと部屋にある鏡に、今を生きるお客さんの顔が映り、髪がカットされてはらはらと落ちていく様子は、とても趣がありました」と西松さんは言う。

7

鈴木ビル、竹田ビル、ヨネイビル、奥野ビル(銀座アパート)など 東京都中央区銀座1・2丁目の近代建築

ビル 奥野

このビルも、同じようにいいものを大事に使っていきたいと思いますね。 周囲は有名デパートや高級ブティックがひしめく中、突如として現れるこのレトロなビルは内部も当時のままを保存して管理されているところが貴重といえます。

8

177

ビル 奥野

リーマンショックの時に一時空きがでましたが、その後はアンティークのお店が多くなってきて、時代、世相を表していると言えますね。 震災に耐えられる銀座屈指の高級アパート 京橋に程近い銀座1丁目に、レトロとモダンを感じさせる昭和初期のビルがある。

銀座に残る昭和モダン建築。旧銀座アパートメント(現:奥野ビル)を写真撮影

ビル 奥野

上野駅より徒歩5分程の場所に位置した元メッキ工場がリノベーションされた建物にはブックカフェやアートギャラリー、観葉植物のショップ、プロダクトデザイン工房、フード店などが入居しています。 昭和50年代になると画廊やギャラリーが増え、平成に入ってからはアンティークショップも多くなった。 当時の最先端だった全館暖房を備え、地下には住人専用の共同浴場、屋上のペントハウスには洗濯室と談話室もあったという。

4

銀座に残る昭和モダン建築。旧銀座アパートメント(現:奥野ビル)を写真撮影

ビル 奥野

必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。 いいものは大切にしていきたいですね」. 比較的小品の作品を募集することで価格も抑えられ、サラリーマンやOLでも絵を購入できるということを知って頂く。 昔は住宅でしたからね。

9