「ワンダヴィジョン」最終局面へ突入!“覚醒”したモニカ・ランボーが鍵を握る!?

ランボー モニカ

モニカには母を失った悲しみや後悔が渦巻いていた。 モニカには母を失った悲しみや後悔が渦巻いていた。 クライマックスまで残り2話となり急展開を見せる中、第8話がいよいよ明日26日配信! 「第4の壁を超えて」というタイトルが掲げられた第7話は、かつてマーベル・コミックの「デッドプール」で繰り広げられた、第4の壁といわれる観客に向かって劇中から突然話しかけるユニークなスタイルで始まる。

8

『ワンダヴィジョン』“覚醒”したモニカ 第7話の場面写真解禁 (2021年2月25日)

ランボー モニカ

本作の時系列は正確に明かされていないが、パリスいわく 「(『キャプテン・マーベル』からの)長年にわたる空白の期間に、モニカに何があったのか。 1枚の場面写真が流出しており、そこにキャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)と共に映っているのが、若きモニカ・ランボーと推測されている。 モニカには母を失った悲しみや後悔が渦巻いていた。

19

MCU「キャプテン・マーベル」、流出した場面写真、モニカ・ランボー登場か?

ランボー モニカ

とてもお金がかかっていて贅沢なことに驚きました」 モニカ・ランボーは、新ヒーロー、ミズ・マーベルと共に『キャプテン・マーベル』続編(2022年11月11日全米公開予定)に登場することが決定している。

9

ドラマ『ワンダヴィジョン』で『モニカ・ランボー』の空白期間が明らかにされるという

ランボー モニカ

ジェニスに再びヒーロー名を取られた モニカとジェニスは気まずい関係となった… 結局、モニカはジェニスにフォトンの名を譲ることを決め、再度改名し「 パルサー」を名乗る。 このたび米に出演したパリスは、司会者のジミー・キンメルより「モニカのスーパーパワーは何でしょうか?」と尋ねられると、「 モニカはエネルギーを吸収することが出来るんです」と回答。

「ワンダヴィジョン」モニカ役俳優が“覚醒”語る「悲しみと向き合い、乗り越えた」

ランボー モニカ

パリス演じるモニカ・ランボーは、本作を経て、2022年11月に米国公開予定の『キャプテン・マーベル2』に登場することが判明済み。 ちなみに 『ワンダヴィジョン』は『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後のタイムラインになることがわかっており、 『ドクターストレンジ イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』との強い繋がりもわかっています。 各セットは、特定の時代に忠実に作られている。

4

成長のヒントも!「ワンダヴィジョン」はモニカ・ランボーのオリジンストーリー

ランボー モニカ

【身体情報】• モニカはこの瞬間に初めて自分の中の後悔や悲しみを外に出すように叫ぶ。 そんな中、演じるテヨナ・パリスがモニカの特殊能力についてヒントを与えている。 経緯は不明だが、成長したモニカは特殊な能力を手にしており、本作では として活躍することもされている。

11

MCUドラマ『WandaVision』に『キャプテン・マーベル』のモニカ・ランボーが登場!果たしそうな役割5つは!? | ガジェット通信 GetNews

ランボー モニカ

自分が正しいと信じることのためだったら、自らの身体も危険に晒す。

2

『ワンダヴィジョン』“覚醒”したモニカ 第7話の場面写真解禁 (2021年2月25日)

ランボー モニカ

そんなドラマの中でも 『ワンダヴィジョン』は映画との繋がりが強い作品として注目されており、そして意外なキャラクターの登場も明かされています。 「私は実際にライブスタジオの観客席にいて、第1話の撮影を見ていた。

『ワンダヴィジョン』に大人モニカ・ランボー登場! - 時系列は『エンドゲーム』後に!

ランボー モニカ

「第4の壁を超えて」というタイトルが掲げられた第7話は、かつてマーベル・コミック原作の『デッドプール』で繰り広げられた、観客に向かって劇中から突然話しかけるユニークなスタイルで始まる。 「ワンダヴィジョン」は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を舞台に、スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ(エリザベス・オルセン)とヴィジョン(ポール・ベタニー)が ウエストビューという郊外で過ごす生活を描いた1作。